明治大学との定期戦について【お知らせ】

 第71回明治大学定期戦は、休会となります。

 

 大雨で延期となり、時期をずらしての開催に向けて協議しましたが、調整がつかず、止むを得ず休会との判断に至りました。

 開催にむけて調整いただいたOBの方々、参加の調整をいただいた先輩方には、深くお詫び申し上げます。

 次年度、改めて京都での開催を検討しています。 何卒、宜しくお願いします。

 

男子入れ替え戦に際するお詫び

 去る10月13日、男子入れ替え戦に際し、部の関係者が車で来場し、関西福祉大学および近隣に違法駐車し、関西学生ハンドボール連盟、関西福祉科学大学および近隣の皆様に多大なるご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。

 今回の事態は、部での連絡不足が原因であり、全く言い訳のできる事でなく、深く反省しているところです。

 これから、二度とこのようなことが起きないように、部の連絡を徹底して参ります。

 今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。

 

 

立命館大学体育会ハンドボール部

監督  佐藤 晃

主将  木村 太一

男子1部昇格!!

 秋季リーグ入替戦、神戸国際大学との対戦に勝利し、1部復帰を果たしました。

 春の再編に伴い1部に参入したものの、踏ん張り切れずするすると後退、目前だった西日本学生選手権出場も逃し、失意のなかにありました。しかし、その後の新人戦では躍進、下回生の活躍を前に4回生が話し合い、自分達の反省とこれからの取り組みを明確にして練習を重ね、秋を戦い抜けたことが何よりの自信となりました。

 対戦相手は、1部リーグで108点をマークした青戸選手を擁する神戸国際大学。得点力で太刀打ちすることはとても難しく、DFを固めて速攻へとつなぎ、立命らしく戦うことを目標に全力を尽くしました。

 序盤こそリードするものの直ぐに巻き返され、食らい付いて追いかける展開。後半、立ち上がりに谷がPTを決めて追いつくと、一気に攻勢に出ます。渡邊・末崎のミドルが冴え、木村のサイドが決まると、白田のポスト、新家のカットインと立命らしさが際だつプレーが続きますが、粘る神戸国際大の猛攻に合い56分で再び同点、緊張が一気に増します。

 ここで相手のミドルを岩崎がビッグセーブ、末崎が速攻で決めると、勢いそのままに新家のカットイン、寺田のミドルが決まり、試合終了。白星を勝ち取ることが出来ました。

 保護者の方々、OBOGの方々に囲まれて、学生たちは喜びいっぱいでリーグを終えることができました。支えてくださる多くの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

 これからの1部定着を目指す戦いは厳しいですが、この想いを胸に、精一杯の努力をしていきます。

 応援、ありがとうございました。

 

 

〜活動見学のご案内〜

 全日本学生選手権大会が終わり、男女とも新体制でのスタートを切りました。

 ハンドボールに興味がある方、是非、お問い合わせください。

 競技経験の有無、キャンパスの違い、選手マネージャー問わず、大歓迎です。

 

 練習時間等詳細の問い合わせも、下のリンクからご連絡ください。

 皆さんからのお問い合わせお待ちしています。

 

 お問い合わせ

 

 

 

今までの記事

2017 明治大学定期戦 (日, 18 6月 2017)
>> 続きを読む

2015-2016 男子部活動報告 (Sun, 15 Jan 2017)
>> 続きを読む

2015-2016 女子部活動報告 (Sun, 15 Jan 2017)
>> 続きを読む

2016年 男子創部70周年・女子創部30周年記念行事 盛会

 第69回立命館大学・明治大学定期戦が男子創部70周年・女子創部30周年に華を添え、記念行事は大盛会に終わりました。

 佐久間学生部長、明治大学松本総監督をはじめ、大変多くの皆様方にご臨席賜りましたこと、改めて御礼申し上げます。

 定期戦では、この春の悔しさを晴らすかのように男子が善戦をみせ、OBの皆様にも大変心強いお言葉を頂きました。このまま精進を続け、上昇気流を作り出していきます。

 女子も定期戦、記念行事のサポートをしながら、会場に華を添えてくれました。歴史と呼べるようになるのはまだこれからですが、ここから女子の活躍の歴史を紡いでいきます。

 ご参加いただいた皆様、ご支援いただいた皆様、ありがとうございます。