男子第2節 大阪大学戦

 前半、立命はずっとリズムが悪く、個人プレーが多発。10点差をつけられての折り返し。

 後半、サイド・ポストや細かく繋いだ速攻など、見違えるようなプレーで2点差まで詰め寄りますが、タイムアップ。

 残念な結果となりました。

 

 立命館大 21(6-15,15-8)23 大阪大