2021-2022新体制のはじまり

  コロナ禍の制限は続きますが、学生たちは元気に練習を重ねています。

 先日も、京産大がきてくれて、合同練習を行いました。この時期、チームの移り変わりに戸惑うことも多い中、勢いを取り戻す練習ができ、とても良い機会となりました。

 

 明治大との定期戦や納会が2年続けて開催断念となり、学生にとっての貴重な経験が先送りとなっています。新年度、開催の際には、OBOG皆様の御力添えを宜しくお願いします。

 

 

2021-2022シーズン 男子部主将あいさつ

 今期、男子主将を務めます、京都府立洛北高等学校出身、文学部の竹原響です。

 現在、私たちはコロナウィルスの影響により活動制限を受けながらも日々、素晴らしい環境で練習に励んでいます。これも偏に石田部長、OB・OGの皆様、保護者の皆様、大学関係者の皆様を始めとする多くの方々のご支援のおかげです。日頃のたくさんのご支援、誠にありがとうございます。支えてくださる皆様への感謝の気持ちを忘れず、ご期待に応えることができるように今期も精進して参ります。

 今期のチーム目標として、「インカレ出場」を掲げています。この目標設定の理由として2点あります。
 1点目は、この2年間コロナウイルスの影響によって試合が行えなかった先輩方に成長した姿を示すためです。日々厳しい練習に励みながらも、満足のいく試合を行えず、目標としていた「インカレ出場」を叶えることができなかった先輩方の目標を今度こそ叶えたいと考えています。
 2点目は、男子チームは近年インカレに出場できてないという現状からです。私が入部した当初から、チームは「インカレ出場」を掲げていましたが、いまだに実現できていません。私自身、小学生からハンドボールを始め、全てのカテゴリーで全国大会に出場し、高校では全国大会でベスト4も経験させて頂きました。その中でやはり大学でも全国大会に出場したいという思いが非常に強いです。  
 以上の2点より、今年こそはという思いで「インカレ出場」を目標として設定しました。もちろん、「試合の勝ち負けが全てではなく、社会に出て活躍できる人間性を身につける。」という前林主将とチームの思いも同時に成し遂げます。

 創部75年の伝統ある立命館大学体育会男子ハンドボール部の主将としての自覚と責任を持ち、コロナウィルスに負けず、日々の練習に精進する覚悟です。例年では経験できない困難を乗り越え、敗戦の味を知った今期こそ目標を達成したいと考えています。そして、受け継がれてきたチームの理念ともいえる「応援されるチームに。」をより後輩へ伝えると共に、精進していきます。
 まだまだ至らない点も多いかと思いますが、今後も皆様の変わらぬご支援、そしてご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。


2017 明治大学定期戦 (日, 18 6月 2017)
>> 続きを読む

2015-2016 男子部活動報告 (Sun, 15 Jan 2017)
>> 続きを読む